新型コロナウイルス

【医療崩壊の危機】さいたま市保健所の問題発言!ホテル療養なぜできない?

 

さいたま市の保健所長の発言が物議を醸していますね。

さいたま市では2カ月で感染者が171件にとどまったことについて

市の西田道弘保健所長は10日、記者の取材に対して

「病院があふれるのが嫌で(検査対象の選定を)厳しめにやっていた」

と明らかにしました!

 

一体どういう事なのでしょうか。

 

【さいたま市保健所長の発言が問題に!】

 

さいたま市は2月に検査を開始し、4月9日までに171件。

同市より人口、感染者ともに少ない千葉市は同日時点で4倍以上の700件を超えた。

え!?以上に少ない!

感染が抑えられているってことかと勘違いしていました!

 

 

隠れた感染者がたくさんいそうですよね。

そして自覚症状ないまま周りに感染者を増やしていく。

これで重傷者が突然増え出したら人災ではないでしょうか??

 

 

【埼玉県はすでに医療崩壊している!?】

 

 

さいたま市の西田道弘保健所長によると

「(PCR検査対象の選定を)厳しめにやっていた」という事ですが、

なぜそのような対応をする事態になったのか?

 

現在埼玉県の病床は不足しています。また病床はあっても受け入れ態勢が整っていなく、

軽症者100人以上が入院できなくなっているということ。

 

検査数を少なくして感染者が出ないように調整してるってことですよね!

この事態にすでに埼玉県では医療崩壊してるのでは!?という声もあります。

 

 

【さいたま市保健所の対応にネットユーザーは】

 

自宅療養を余儀なくされている継承者は約150名ほどいるとか。。

ホテルを借り上げてもらってホテル療養させてもらえばいいのでは?と思いましたが、

実はホテル組合が感染者の受け入れを渋っているようなのです。

 

 

【埼玉県ホテル組合『受け入れがたい』】

 

他県ではどんどんホテルなどの施設で感染者の受け入れが始まっているのに、埼玉県ではなかなか進まない。

なぜホテル療養が進まないのか?

 

実は埼玉県内のホテルなどでつくる組合が「到底受け入れがたい」としたうえで、

やむをえず宿泊施設に協力を求める場合は感染防止対策や補償などの条件を話し合って

決めることなどを求める、要望書を4月3日に埼玉県に提出しています。

 

要望書の内容は以下のとおり。

「安易なホテル旅館の利用は感染のおそれがあり到底受け入れがたい。

やむをえず宿泊施設に協力を求める場合は、従業員の感染防止対策や経済的な補償などについて具体的な条件を話し合って決めること。

協力する施設に医療従事者を駐在させること。

受け入れたあとに、風評被害で廃業する可能性もある。これ以上の損失は避けたいので、双方が納得したうえで進めてほしい。」

なぜ感染者の受け入れを「受け入れがたい」としているかというと『風評被害』などを懸念してとのこと。

3日に要望書を提出して10日以上経ちますよね。

このままホテル療養が進まないのでしょうか?

埼玉県で急激に感染が広がらないか心配です。。!!

 

最後まで読んでいただきおありがとうございました。