未分類

東京五輪延期【ホテル・チケットキャンセル料は?/選手は選考し直しか!?】

 

 

【東京2020オリンピックの延期が正式発表】

 

現在の新型コロナウィルスの状況から海外のオリンピック選手からは今年開催をすることに反対の声が上がっていましたね。

そしてついに3月24日阿部首相から『オリンピック延期』の正式発表がされた。

安倍首相は延期を話し合ったことを明かし「1年程度を軸として検討する提案をした。バッハ会長には100%同意すると答えを得た。遅くとも2021年夏までに開催することで合意した」と語った。新型コロナウイルスの終息が見通せない現状に「年内は難しいだろう」と今秋の開催も断念したことを認めた。

 

気になるのはチケットの返金や選手の選考はしなおすのか?など。。見ていきます。

 

 

【東京2020延期で選手は?選び直し?】

 

 

◆オリンピック延期で橋本聖子五輪相と森喜朗大会組織委員会会長のコメント

・橋本聖子五輪相

選手のとっては次の課題がすぐ出てくるのでしっかり寄り添っていく必要がある。

アスリートが不安にならないようにきめ細かく対応したい。

 

 

 

・森喜朗大会組織委員会会長

申し訳ないというか残念な気持ちがある。ただ乗り越えるのもアスリートとして一つの大きな心構えぜひ頑張っていただきたい。そう願うのみです。

 

 

◆選手の選考についての質問にスポーツコンサルタントの春日良一氏は

「十分にありえる。マラソンはもう内定しているランナーで行く。

これは内定しているので延期でも変更なし。」

 

Q、延期となるとピークを合わせている選手も多い。調整どうなるのか?

 

「ピークを合わせるのはそれを含めて選手の技量である。」

そもそもそういったことができるほどの人たちだからオリンピックに出れるんでしょうね!

Q、サッカー23歳以下など、年齢制限を設けているジャンルに関してはどうなる?

「23歳の選手は来年24歳になって出られないから、24歳まで引き上げるか、サッカーなどどの年齢制限のあるスポーツは23歳以下、などの枠をとってしまうか、など検討されるところだ。」

 

Q,「東京2020」の名称を変えない理由は?お金がかかるから?

 

もちろんグッズなどの物質的なものはあるが、オリンピックというのは理念がある。

「4年に一度武器を捨てて集まる。」という理念。その4年に一度の最初の年が『オリンピアード』にあたる。

2020は第32回目のオリンピアードで2021年にしてしまうと”オリンピアード”ではなくなってしまうからそのままやることがオリンピックの理念に沿うことになる。

 

Q,チケットの返金は?

 

2020年の予定をそのまま2021に持っていけばそのまま使用できる。

または予定が合わなくなる場合はリセール(転売)などで対応できる。

歴史的に見ても中止は戦争のみで、「東京2020チケット購入・利用規約」にも中止になった場合は返金不可とあるが『延期』ならば返金対応もありえる。

 

Q,ホテルなどの予約返金は?

 

都内のホテルは、準備のための大量出費に加え大量のキャンセルが出た場合は経済的損失が予想されます。

オリンピックに限り事前オンライン決済で返金不可となるプランのホテルも多数あるので返金が心配されています。

◆こういったプランを一部のホテルで販売しているアパホテルは次のようなコメントをしている。

「仮に延期や中止になった場合につきましては、返金不可プランであったとしても柔軟な対応を検討させていただきます」

 

・早速Twitterを調べたところ下記のような書き込みが

 

 

アパホテルの社長、男前ですね!この対応で高感度も上がりますよね。

さて他のホテルの対応はどうなるのでしょうか??

 

 

【東京2020延期について世間の反応】

 

 

 

【まとめ】

 

・東京2020は2021年に延期

・選手の選考は競技によって再選考もありえる。

・チケットはそのまま持ち越して使える可能性が大きい。

・アパホテルはキャンセルも返金対応。その他のホテルなどの対応はこれからのようです。

オリンピック延期発表されて1日なのでまだ詳しい日程などは発表されていませんが、発表され次第追記していきたいと思います。

コロナが収束し、来年無事開催されることを祈りましょう。