ニュース

【迷惑】ガイナックス 社長巻逮捕!! エリートアニメ会社の現在がやばかった!!

今や日本を代表する世界的な人気アニメとなった『新世紀エヴァンゲリオン』の制作会社

【GAINAX(ガイナックス)】の社長が逮捕されました!!

 

社長とは『巻智博(まき ともひろ)』。

GAINAX(ガイナックス)社長に就任したばかり、とのことです。

超有名アニメ制作会社で起こった事件!!

 

『巻智博(まき ともひろ)』容疑者とは一体どんな人物なのでしょうか?

 

【超迷惑】ガイナックス 社長逮捕!!巻容疑者とは?

 

GAINAX(ガイナックス)社長逮捕

 

事件は以下のように報道されました!

自宅で声優志望の10代女性の上半身を裸にして写真を撮影し、体を触るなどしたとして、警視庁捜査1課は5日、準強制わいせつ容疑で、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を手がけアニメ制作会社「ガイナックス」社長、巻智博容疑者(50)=東京都足立区新田=を逮捕した。調べに対し、「お願いされて写真を撮った。事実は違う」と容疑を否認している。

逮捕容疑は2月6日から同23日までの間、計4回にわたって、自宅マンションの室内で「芸能人として写真を撮られるための訓練」と称して女性の上半身を裸にして写真を撮影した上、マッサージと称して体を触るなどしたとしている。

捜査1課によると、事件当時、巻容疑者はアニメ声優を育成するプロダクションの代表で、女性と専属契約を結んでいたが、同社は多額の負債を抱えており活動実態はなかった。巻容疑者は自宅マンションを「プロダクション女子寮」と呼び、10~20代の複数の女性が出入りしていたという。

 

今回逮捕された『巻智博(まき ともひろ)』容疑者の会社は現在多額の負債を抱えており活動実績は無かったということ。

また『巻智博(まき ともひろ)』容疑者は2019年10月にGAINAX(ガイナックス)の社長となったばかりで事件当時はガイナックスの社長ではありませんでしたが、この逮捕の影響で「GAINAX(ガイナックス)」は相当のイメージダウンを被ったと思われます。

【エヴァ制作会社】社長逮捕!!『巻智博(まき ともひろ)』容疑者とは?

 

 

名前:巻智博(まき ともひろ)

年齢:50歳(逮捕当時)

職業:アニメ制作会社「GAINAX(ガイナックス) 」代表取締役」

2015年ガイナックス入社

他にも

アニメ関連「オオカゼ 代表取締役」、ゲーム関連「コスモオンライン株式会社 代表取締役」、ソフトウェア関連「株式会社TM」、遊技関連「株式会社テクノブースター」、といった複数の会社で代表取締役などをしていたということ。

 

経歴だけ見ると立派な方のように見えますが、とても残念ですね。。

 

GAINAX(ガイナックス)とは

引用:: www.amazon.co.jp

GAINAX(ガイナックス)の由来

社名は島根県の東部、鳥取県の西部の方言(雲伯方言)で「大きい、凄い」という意味の「がいな」に未知を表す「X」をつけたもの。なお「がいな」という方言自体は紀南、四国の一部、また愛媛県から海を隔てた大分県の沿岸部でも使用される。

引用:Wikipedia

 

代表作に『ふしぎの海のナディア』『トップをねらえ!』など。

1995年にはあの社会現象を巻き起こしたアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を制作したことで一躍脚光を浴びました。

 

「新世紀エヴァンゲリヲン」は社会現象まで巻き起こした日本を代表するアニメの制作会社です!

GAINAX(ガイナックス)は実は◯◯集団だった!?

<同人時代>1981年の日本SF大会「DAICON 3」のオープニングアニメーションに関わり、大阪府門真市の海洋堂の常連でもあった岡田斗司夫、武田康廣、赤井孝美、山賀博之、庵野秀明、村濱章司ら関西の学生は、その後も「DAICON FILM」として映像制作を行った。このうち、DAICON 3後に大学を中退した岡田と武田は1982年2月、大阪市天王寺区にSFグッズショップ「ゼネラルプロダクツ」を開業した。

引用:Wikipedia

 

ここに『同人時代』とあるようにGAINAX(ガイナックス)とは、アニメ好きのいわゆる”オタク”が集まった同人サークルが原点でした!

1つ違っていたのは集まったオタクたちが才能に溢れまくった学生だった、ということです

その後に迂用曲折あり、『新世紀エヴァンゲリヲン』が生み出され

最大のヒットとなると同時に『GAINAX(ガイナックス)』の名が世界に知れ渡ることとなるのです!

 

引用:GAINAX

 

エリートアニメ会社の現在がやばかった!!

現在のGAINAX(ガイナックス)は倒産寸前!?

創業時から作品制作の主軸を務めてきた庵野秀明は2006年9月、アニメ制作スタジオ・カラーを設立し、翌2007年10月に取締役を辞任してGAINAX(ガイナックス)を退社。

庵野に追随して主要メンバーの鶴巻和哉、摩砂雪らもカラーへ移籍した。

2007年9月公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』以降の『新世紀エヴァンゲリオン』リメイクシリーズ(ヱヴァンゲリヲン新劇場版)はカラーが制作し、版権も持つ形となったようです。

 

エヴァなどのヒット作を手がけたスタッフが抜けたいま、次のヒット作を生み出せるのか心配されていました。。

 

そして前述したように庵野監督に版権があるので、それ以降は使用料が発生しますが作品の使用料が払えずにGAINAX(ガイナックス)は庵野監督に借金1億円がある状態です。

2016年には、GAINAX(ガイナックス)に対して借金が1億円もたまってしまって、カラーは支払いを求めて裁判所に提訴しました。

そして2017年、GAINAX(ガイナックス)は控訴せずに1億円支払う判決が下ったそうです。

 

 

これは本当に危機のようですね。。

エヴァ世代としては頑張って欲しいところです!!

福島にもGAINAX(ガイナックス)があるらしい

 

引用:https://www.fukushima-challenge.org/supporters/gainax.html

 

実は『GAINAX(ガイナックス)』は地方にもあるのです!

ガイナックスは2014年から2016年にかけて、「ガイナックス」の名を冠した新会社5社を立て続けに設立した。

・米子ガイナックス株式会社

・株式会社福島ガイナックス

・株式会社GAINAX WEST

・株式会社ガイナックス新潟

・株式会社GAINAX京都

引用:Wikipedia

 

これは初耳です。5社もあったんですね!

 

ですが、GAINAX(ガイナックス)は当初これらの新会社を自社の「支部」と称していましたが、

2016年12月、5社とGAINAX(ガイナックス)の間には資本関係が存在せず、

経営上無関係であることを明らかになったということです。

 

今にして思えは、”無関係”でよかった、と思います!

落ちぶれていく「GAINAX(ガイナックス)」にファンの声は??

 

引用:https://animeanime.jp/article/img/2019/07/01/46567/235936.html

 

ツイッターのユーザーたちは意外に冷静で、今のGAINAX(ガイナックス)は庵野監督たちがすでに同社から去っていることで『エヴァ』とは関係ない、「この社長も誰やねん?」と言った投稿が多く見られました!

 

「ガイナックス」=『エヴァ』という風に見られがちなので、社長が逮捕されたことで風潮被害だけが心配されます!!

まとめ

 

 

<<まとめ>>

・今回逮捕された『巻智博(まき ともひろ)』容疑者は社長ですが、就任したばかりで『エヴァ』とはほぼ無関係。

・子会社ともすでに無関係を発表している。

・今回は完全に『ガイナックス』や『エヴァンゲリヲン』は風評被害。

就任前の犯行なので会社、エヴァとは無関係と言っていいでしょう!

できることならまた復活して欲しいですね!

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!