スポーツ

ラグビー稲垣啓太 選手の代表初トライと新潟愛に涙。。!!

(写真:Getty Images)

ラグビー熱凄いですね!!毎日テレビを見るのが忙しいです!!

 

さて、13日、8強進出の歴史の扉をこじ開けたスコットランド戦。

 

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で8強入りを果たした日本代表は世界を驚かせ、多くのファンの胸を揺さぶりました!

 

数々のドラマが生まれる中で『グッときた』とネットで話題なのが笑わない男『稲垣啓太』の代表初となるトライの瞬間です。

稲垣啓太実は代表初のトライ!!

 

実は稲垣啓太選手は代表としてのトライは今回が’初’だったんです。

以外ですよね、もっとたくさん決めていそうなのに。

以下初トライの様子を日刊スポーツの担当記者さんによる「グッときた瞬間」として綴っています。

8強進出の歴史の扉をこじ開けたスコットランド戦。7-7の前半25分。堀江→ムーア→トゥポウとタックルを受けながらボールをつなぎ、稲垣がインゴールに飛び込んだ。代表7年目にして初トライ。トライの経験がないためボールの置き方が分からず、両手で大事に抱えるように置いた。試合後、「初トライ以上に仲間へ感謝」と繰り返した。

(引用:日刊スポーツ)

 

なんと7年目で初のトライ!こんなに活躍している稲垣啓太選手でも初のトライということです!

それだけ決めるのが難しいということなんでしょうか。

 

「ボールの置き方がわからず、両手で大事に抱えるように〜」というかわいい表現に記者さんの愛を感じます!キュンとしてしまいます!

 

(13日初トライの様子 引用:日刊スポーツ)

試合後のインタビューの様子ぜひご覧ください!( ;∀;)

そして初めての「トライ」にも関わらず喜びに溺れることなく『仲間へ感謝』とコメントできるところも素敵ですね!!

個人的には『笑わない漢』キャラを忘れてメンバーと喜び笑い合う姿も見たかったです^ ^

 

故郷新潟への強い想いに涙

 

そしてこの行動にも「グッ」とくるものがあります。

このトライと同じぐらい心を打たれたことがある。それは、スパイクに「NIIGATA」の文字を刺しゅうしたことだ。応援する新潟県民への感謝の気持ちと、ともに戦う覚悟と決意を示した。こわもてで「笑わない男」として注目を集めるが、その裏には温かい優しさがある。このギャップがすごい。

(引用:日刊スポーツ)

いつでも故郷の新潟へのエールを忘れません。

(引用:日刊スポーツ)

大会前には、部員不足に悩む母校のため、グラウンドの天然芝化に協力。苗代など整備費用約300万円を寄付しています!

も〜愛しかないですよね( ;∀;)

これを書いていて、私は最近誰かの為に行動をしたかな〜。。と考えてしまいます。。!!

(結論、してなかったです!(T ^ T)稲垣選手を見習いたいと思いました!!!)

 

いつでも故郷を思いながら試合をしている稲垣啓太選手は『笑わない見た目』とは真逆で心優しく愛に溢れた人で、ほんとうに心から尊敬します!

 

新潟出身のネットユーザーの声は

 


地元の熱い声援、これを見たら稲垣啓太選手も感動して漢泣きしてしまうでしょうね!!

 

可愛い後輩たちからのメッセージを公開!!

 

なんて可愛い後輩たち。。。こんなにも慕われている稲垣啓太選手も素晴らしい!

 

新潟工業高校ラグビー部のみんなも試合頑張ってください!!

負けても相手を讃える!!漢稲垣啓太選手!

 

惜しくも南アフリカには負けてしまいましたが、精一杯やりきった、と清々しい表情です。

その後の南アフリカチームの選手とのやりとりがスポーツマンシップに溢れていて素敵です。

 

ネットユーザーからも

「スポーツっていいな」

「感動をあろがとう」

「新潟の誇りです!!」など、多数載せきれないほどです!

 

 

<<まとめ>>

この大会を通して稲垣啓太選手の素晴らしい人柄に魅了された人続出ですね!

一番モテるというのも納得です。

これからのラグビーでの活躍はもちろん、テレビなどでも見かける機会が増えそうでいちファンとしてはとても嬉しい限りです!!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!^ ^